【投資格言16】もうはまだなり まだはもうなり

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    fundcottageです。今回は投資格言の第16弾として「もうはまだなり まだはもうなり」を紹介します。これは大変有名な格言なのでご存知の方も多いかと思います。総じて言うと相場を客観的にみるようにという意味の格言だが、その奥は深くいつも考えさせられます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     この格言の意味としては、「もう底だと思えるようなときは、まだ下値があるのではないかと考えて、まだ下がるのではないかと思うときは、もうこのへんが底かもしれないと推測してみてはどうか」となります。こうみると一見ただ投資家の判断を迷わすような内容に見えるかもしれないが、相場が急激に動いている時は投資家は冷静さを失い、相場に対して自身の勝手な思い込みを始める事があると思います。そんな時に一度冷静に相場を見るように、という内容が真の部分だと考えており、常に頭の片隅に留めておきたい格言だと感じています。

     

     

     

     

     

     

     ただ実際は、自身の投資対象が急激な値動きにあった時に冷静に相場を見れた経験は今までありません。含み益/含み損両方ともに冷静さを失い、後で振り返ると後悔の残るトレードだった、というシーンばかりです。こればかりはもう経験値を積み上げていくしかないかと考えており、年々少しずつではありますが、相場に冷静に向き合えてきているように感じています。まだまだ長い期間向き合う課題なのだと思いますが、こういった相場の格言を見る機会も大事にしながら、常にレベルアップを図っていきたいと考えています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    fundcottage

    励みになりますので応援お願いします。


    サラリーマン投資家ランキング

     


    にほんブログ村


    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    オススメ
    アマゾン
    楽天市場
    人気ブログランキング
    オススメ
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM