<< 日本から見た世界のトレード時間 | main | 【投資格言5】閑散に売りなし >>

目から入る紫外線対策の重要性

0

    JUGEMテーマ:健康

     

    fundcottageです。私の住んでいるオーストラリアは世界的にみて紫外線が強い地方であり、特にこれからの夏は注意が必要です。また現地の小学校では外出時にサングラス着用が義務付けられている所まである事は、皮膚ガン患者の多さや紫外線の脅威を物語っています。

     

     

     

     

     

     

     最近知ったのですが紫外線は皮膚が受ける以外にも、目から受けるダメージも無視できないという研究結果が出ているようです。一言で紫外線といっても「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があり、そのうち「UV-C」はオゾン層で吸収してくれているようで地球上には入ってこないもののようです。よって意識すべきは「UV-A」「UV-B」の2種類となります。「UV-A」は最も一般的な紫外線のイメージで、肌が黒くなったりしわができたりという反応があります。一方「UV-B」は皮膚表面への影響が主で日焼けによる肌のヒリヒリや水膨れを引き起こす原因であるようです。

     

     

     

     そこでこれら「UV-A」「UV-B」は両方とも目からも体に影響があるようでサングラス等で紫外線対策をしていないと、いくら日焼け止めを皮膚に塗っていたとしても、影響を受けてしまい、上述したような皮膚関連のトラブルが発生すると言われています。更に目自体でも白内障などの原因に紫外線が言われており、最悪のケースだと失明する恐れもあるようです。

     

     

     

     

     日本人は白人に比べて肌が焼けやすく紫外線から体を守るメラニンが多いため、皮膚ガンにはなりにくい人種だと言われていますが、一日中外で仕事をする方や普段から紫外線を浴びている方は、皮膚と目両方に注意が必要だという事がわかっています。気を付けましょう。

     

     

     

     

     

     

    fundcottage

    励みになりますので応援お願いします。


    サラリーマン投資家ランキング

     


    にほんブログ村


    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    オススメ
    アマゾン
    楽天市場
    人気ブログランキング
    オススメ
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM