<< 100年人生と活性化する産業 | main | 目から入る紫外線対策の重要性 >>

日本から見た世界のトレード時間

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    fundcottageです。本日はご存知の方も多いと思いますが日本から見て世界のトレード時間について紹介したいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     特に為替取引を行っている場合に意識する事が多いですが、当然時差によりその時開いている国の市場は異なりますし、その市場の特性を考えて取引を行う事は何かしらトレードを有利に進めるヒントがあるかもしれないと考えています。サマータイムがあるので季節により前後しますが、最も早く開く市場はニュージーランドで日本時間で5am。そこから2時間遅れでシドニー。更に2時間後の日本時間9amに東京市場が開きます。更に1時間後に香港・シンガポールの市場が開き、その後は5時間後にバーレーン・ロシアタイムを迎えます。そこから2時間後の日本時間5pmからは欧州タイムに突入し、6pmにはロンドン市場が開きます。最後は日本時間11pmにニューヨーク市場が開き、シドニー市場とバトンタッチする形で一日のサイクルが終了します。

     

     

     

     特に動くお金が大きい東京、ロンドン、ニューヨークの3大市場の反応によく関心が集まります。しかも同じニュースや出来事に対しても時間差はありますが反応が違う事もあるので、意識してみていると面白い事もありますね。私はあまりどこの市場が開いているかによってトレードを変える事がしていませんが、実体験として日本時間の5pmからの欧州タイム以降に値動きが加速するケースが多いように思うので、何か気になる出来事があった場合には5pm以降の動きに注目するクセはついているように感じます。

     

     

     

     

     

    fundcottage

    励みになりますので応援お願いします。


    サラリーマン投資家ランキング

     


    にほんブログ村

     


    コメント
    コメントする









    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    オススメ
    アマゾン
    楽天市場
    人気ブログランキング
    オススメ
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM