<< 【投資格言4】卵は1つの籠に盛るな | main | トルコリラ/円の買い時到来!? >>

相場見通し(10/9-13) 株式の力強さはいつまで続くのか

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    fundcottageです。先週も引き続き北朝鮮問題や選挙関連の報道が多く目にしましたが、振り返ると底堅い動きとなりました。

     

     

     

     

     

     

     

     先週は以下の通り予想よりも株高と円安ドル高となりました。米国の雇用統計など経済指標の発表も乗り越え、悪材料もあるものの株は米ダウも底堅く順調に上昇し、日経平均株価も20,500円を超えた所で終値をつけています。為替も米国の利上げの織り込み回数なども色々な意見がニュースで目にしますが、米ドルはまず弱くならない週だったと感じます。ここの所、しばらく日本株安、と円高方向への調整を予想し続けていますが、なかなか期待通り動いてくれない状況です。

     

     

     <日経平均>

    【先々週】終値:約20,350円

    【先週】 予想:20,000-20,500円間 結果:約20,700円

     

    <米ドル/円>

    【先々週】終値:約112.50円

    【先週】 予想:下向き111円割れを下値 結果:約112.60円

     

     

     

     

     

     

     まずは今週の日経平均株価の予想ですが、上の月足チャートから見ても、まだ2015年の高値を明確にこえてきていない認識です。よって先週の終値から先週予想のレンジ(20,000円-20,500円)に戻る事を継続して予想します。ただもし今週21,000円に接近するようですと、このレンジへの戻りはしばらく期待できないかもしれません。今週の動きは特に今後を決める重要な局面かもしれません。

     

     

     

     

     

     為替も上の米ドル円の日足チャートの通り、先週でだいぶ113円の所に上ヒゲが残ったことで上方向の抵抗ラインと考えています。つまり元々114円の所が意識されていたと思いますが、114円まで行けずに停滞したいる間に113円という新たな上値抵抗が出現し、今週はまずはここをトライする動きがある事を予想します。そして、引き続き終値予想としては下方向、具体的には111円前半の所までの調整を期待します。そのタイミングはやはり世界のニュース次第でしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

     

    fundocttage

     

    励みになりますので応援お願いします。


    サラリーマン投資家ランキング

     


    にほんブログ村

     


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    オススメ
    アマゾン
    楽天市場
    人気ブログランキング
    オススメ
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM