<< 【投資格言12】天井三日 底百日 | main | 【投資格言14】備えあれば迷いなし >>

【投資格言13】株を買うより時を買え

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    fundcottageです。今回は投資格言の第13弾として「株を買うより時を買え」を紹介します。私はあまり好きな格言ではありませんがこれまでの事実として無視できない内容ですので取り上げたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     「株を買うより時を買え」は少しわかりずらいですが、要は株の”どの”個別銘柄を選ぶ事よりも、銘柄が何であれ”いつ”買うかが重要だという意味になります。確かにリーマンショック後の底値で何かしら株を買っていた場合には、現在含み益が発生している確率が高いと思いますし、相場に連動する銘柄が多いのも事実なので、否定はできない内容だと思います。また当然トレード時は、個別銘柄の財務状況や決算内容とあわせて相場全体の流れを気にする必要性を否定する事もできないと思います。

     

     

     

     

     

     ではなぜ私がこの格言に否定的なのかというと相場が天井なのか底なのかは結果論であって、その時々には誰にもわからないという事です。またプロと比べて投資時期などを柔軟に決められるサラリーマン投資家といえど、投資資金を準備できるタイミングと相場が比較的低調で底の可能性がある時期とが重なるとは限らず、従いたくても従えない内容であるからです。更に個別銘柄をしっかりと分析しスクリーニングする行為は、そういった相場の行き先が不透明な中、唯一損失リスクを下げる事ができる投資家の努力ポイントであり、それを軽んじているかのような内容はあまり面白くは感じないというのが理由です。つまり格言の通り「時」も大事ですが、「何」を買うのかもそれと同じくらい重要だという風に考えています。

     

     

     

     

     

     

     

    fundcottage

    励みになりますので応援お願いします。


    サラリーマン投資家ランキング

     


    にほんブログ村


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    オススメ
    アマゾン
    楽天市場
    人気ブログランキング
    オススメ
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM