<< 【投資格言11】二度に買うべし 二度に売るべし | main | 【投資格言13】株を買うより時を買え >>

【投資格言12】天井三日 底百日

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    fundcottageです。今回は投資格言の第12弾として「天井三日 底百日」を紹介します。相場の流れやサイクルに関する格言ですが、しっかりとその特性を頭に入れてトレードすべきだと考えています。

     

     

     

     

     

     

     

     この「天井三日 底百日」は株価は長い期間をかけて徐々に高値に向かって上がっていき、頂点をつけた後に急降下し、また高値を目指して上がっていくという過去の一般的な株価推移に基づく格言です。値動きの荒いスタートアップ企業などを除き多くの企業の過去チャートはこのような流れとなっていると思います。また誰もどこか高値かはわからないですが、要は下げる時は早いという事だと思います。それはリーマンショックのような相場全体の要因もあれば企業の不祥事や大幅赤字など個別要因であったりもすると思います。改めて決済タイミングの難しさをこの格言を通じて実感します。

     

     

     

     

     

     この格言にもある通り相場の天井で売り抜ける事はほぼ不可能だという事です。またこれまでの事実とし突然大きな経済危機が起こると根こそぎ株価は下落し、これまで長い期間かけて獲得してきた含み益を全て吐き出す事態になるという事です。つまりテクニカル要因でもなんでも良いですが、自身の決済タイミングを定めて来る下落の前に利益を獲得する事も重要だと思います。もちろんインカムゲイン中心の長期投資前提であればずっと保有し続ける事も戦術だと思いますが、経済危機で投資先企業が倒産する可能性もありますし、企業体力も投資時にはチェックしておくべき項目になると思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    fundcottage

    励みになりますので応援お願いします。


    サラリーマン投資家ランキング

     


    にほんブログ村


    コメント
    コメントする









    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    オススメ
    アマゾン
    楽天市場
    人気ブログランキング
    オススメ
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM