<< 【投資格言10】遠くのものは避けよ | main | 【投資格言12】天井三日 底百日 >>

【投資格言11】二度に買うべし 二度に売るべし

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    fundcottageです。今回は投資格言の第11弾として「二度に買うべし 二度に売るべし」を紹介します。どの投資先へBetする際も勇気がいるものです。初回エントリーを小額にして様子を見るというやり方も慎重な投資戦術だと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     「二度に買うべし 二度に売るべし」は初回のエントリーで投資したい全額をはらず、一部を投資後様子をみて相場が予想通りの動きをした場合に残りの全てを投資するという2段階投資の戦術です。二度売るべしの方もその逆で慎重な売りアクションをとる意味になります。私はこの格言に出会う前から自然とこの戦術をとるようになっており、今でも頻度高く利用します。よく言う「買ったら下がる」ではないですが、一部を投資した後の相場の動きを確認し、もし予想と異なる動きであれば、最初の投資分を損切りして仕切りなおす事ができるという意味では、とても使い勝手の良い戦術です。

     

     

     

     

     

     

     もちろん相場が思い通りに動いた場合には結果論ですが最初に全額投資した方が儲けは大きいと思いますが、私の経験上では結構な頻度で最初エントリーを仕切りなおすことがあるため、今ではこの戦術が主となりつつあります。ただ間違っても相場が逆の方向に行った際に安値で全額追加投資するいわゆるナンピン買いは避けるべきだと考えています。その時点で相場が予想と違う方向に動いているわけですから、追加投資はリスクが高いですし、そもそも下がっても追加投資するくらい自信があるのであれば、初回に全額投資するべきだと思います。経験上、このルールを破って追加投資した場合は大抵大きな損失を被る事が多いですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    fundcottage

    励みになりますので応援お願いします。


    サラリーマン投資家ランキング

     


    にほんブログ村


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    オススメ
    アマゾン
    楽天市場
    人気ブログランキング
    オススメ
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM